FC2ブログ
f

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家づくり学校

main.jpg


家づくり学校で、本年度(5月開講)の生徒を募集しています。
私,諸角 敬は 家づくりの会、という建築家の団体に所属しています。活動は色々で、住宅相談、セミナーなど色々と多岐にわたってやっていますが数年前から「家づくり学校」という一風変わった学校も始めています。大学卒業生、独立前の人、さらに勉強をしたい独立間もない建築家などが対象で、大学では教えない本音の授業を行っています。
本年度の募集も4月20日?まで行っております。授業は年8回5-12月まで月一回行い、その後は懇親会でさらなる議論を!というのが主な流れ。向学心旺盛な方、興味のある方は下記のURLからどうぞ。

http://www.npo-iezukurinokai.jp/study/gakkou/

スポンサーサイト

最後の仕上に、これっ!

mini_3.jpg
大掃除も終わり家の中綺麗になりましたか?多くの方はこれからでしょうか?

最後に紹介するのは空気清浄機です。この機械、多くの人は花粉症対策や喘息防止で使っているようですが・・・

我が家ではソファー周りの埃がすごく(子供達が上でピョンピョン跳ねるもんですから・・・しつけが悪い?)、しかも元気な猫が二匹いるので埃と猫の毛がごちゃ混ぜになってすぐに埃だらけになってしまうのが悩みの種でした。綺麗に埃を吸い取っても翌日には早くもテレビの上、キーボードの上にうっすらと埃がたまっている状態、というと分かるでしょうか。ある建て主の方が「寝室に空気清浄機をおいたら埃が少なくなったよ」といっていたのを思い出し、使ってみることにしました。ネットで調べると値段も性能も様々。1万円しないものから加湿機能が付いて静電気で埃を吸い寄せる10万円近くのものまで・・・さらにレビューでは「埃は吸い取りませんよ、掃除機ではないのだから」という意見が大半です。加湿装置のないものですと1万円程度で風量もそこそこのものがあるので半信半疑使ってみることにしました。

 部屋を綺麗に掃除した後空気清浄機のスイッチON!30分もすると埃が少なくなったような気がします。しつけの悪い子供達はいつも通りソファーで遊んでいますが、遊び始めると機械が反応して風量がアップ、モニターのランプは「きたない」ですって。一日たった後テレビ、キーボードの上を見ると・・・なっなんと埃がない!!
逆光で室内を見ると埃が舞っていることが多かった我が家も空気スッキリで埃が見えません。
レビューで埃はすいませんよ!と書いてあったのは何だったのでしょう?まぁ部家の状況、感じ方など個人差があるので判断の難しいところですが、

我が家でははっきりと効果が現れました。

なんて強調してしまいましたが、参考になればと思って紹介しました。

ps.購入しようとしている方、フィルターの種類も色々あるようでかなり値段の高いもの、寿命が短いものもありますのでチェックしてくださいね。消費電力も様々なようですが、埃が舞っていなければ基本的には弱風運転です。
我が家での使用状況ですが、16畳用のものを床面積で言うと12畳+αの部家で使っていますが、吹抜が大きいので体積で言うと約26畳の空間で使っています。ほとんどワンルームのような家ですから厳密にはもっと広いかもしれません。カタログ上では完全に能力不足の状態です。



大掃除の武器-Ⅲ、掃除用電動ブラシ

mini_5.jpg

次なる武器は掃除用電動ブラシ。私はソニックスラバーという製品を使っています。大きな電動歯ブラシのようなもので特に室内の壁、床、水回りのごちゃごちゃしたところで有効です。台所、洗面所の水栓の付け根や床と壁の入り隅はゴミがたまり安くかつ掃除のしにくいところですが、これがあれば角まで綺麗に掃除できます。掃除をしているときに歯ブラシを使いたくなるような場所に有効ですね。我が家の壁は珪藻土クロスという壁紙を貼っていますが、表面には珪藻土が付いていてザラザラしています。見た目は上品でよいのですが、汚れやすいのが欠点。といっても汚すのはもっぱら子供達ですが。この様な場合も水か洗剤を吹き付けた後このブラシで掃除するとあっという間に綺麗になります。たわしの代用品ですので電動でなくてもたわしでごしごしやれば落ちるものがほとんどですが、やはり電動の威力は実感できますし、掃除も楽しくなりますよ。
代えブラシ4本付いて3000円位~



第55回神奈川建築コンクール優秀賞

008mini.jpg

今年の神奈川建築コンクール、住宅部門で「高台の家・G邸」が優秀賞を頂きました.

残念ながら今年は最優秀賞は該当作品無しとのこと.でも2006年「三角敷地の家」2008年「妙蓮寺の二世帯住宅」「黒の宝石」に続いて賞を頂けたことを励みに、今後とも精進していきたいと思っています.4作品の内3作品が(株)石和建設さんにお世話になって建てたものです.厳しい予算の中でいつもいやな顔一つせずに淡々と施工をしてくれる石和建設さんには感謝しております.

「高台の家・G邸」は実は”高台に建つ自邸”の事なんですが今回初めて施主側に回り、審査される側の気持ちがよく分かりました.竣工後〆切もないので手を入れなくてはいけないところ、片付けなくてはいけないところを放っておきっぱなしでのんびりと構えておりました.現地審査が決まってからは毎週末一つずつ片付けていったのですが、これが結構厳しかった.何時までにやらなくてはならないというのは結構大変ですね.
たぶん今まで受賞してきた家の方々も同じような苦労をされたのかと思いますが、ここを借りてお礼申し上げます.

これで分かった、建築用語!を始めようかな?

建て主と打合せをしてみて思うことがあります.
こちらが簡単に分かりやすく、と思って話している言葉が通じないことが多いのです.
まー専門用語もありますからなるべく分かりやすく話しているつもりなのですが・・・
そこで、来週から簡単な用語解説を行っていこうと考えています.
題して「これで分かった建築用語!」
体系立てて順番に話すのではなく、思い立ったことから順不同で行こうと思っています.
一週間に一項目ずつが目標です.
写真もなるべく入れながら分かりやすく書きますのでよろしく.

これで分かった!は2013年9月〜の「まめ知識」に移行します。そちらをご覧下さい。
まめ知識は約月2回のペースで配信しています。
プロフィール

Kei Morozumi / studioA

Author:Kei Morozumi / studioA

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。