f

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TESLA Model S 電気自動車 Now

電気自動車に試乗してきました。TESLA モデルS です。
外観はマゼラッティーのような普通の?高級車です。
インパネも未来的でボタンではなく大型のタッチパネルが中央に一枚あるだけで、他にスイッチやボタン類は見当たりません。シフトレバー、サイドブレーキも無い!
走り出すと当然ですが音がしないので何となく変な感じです。ゆっくりとランプを走っている時はそうでもなかったのですが、道路にでて前が空いていたのでぐっとアクセルをふんだら・・・
ドッカーンと音も無く加速。その加速感がガソリンエンジンに無い不思議なもので、低速からグイグイと引っ張ります。こりゃーいままで未体験の加速感だなぁっと、驚くやら感心するやら。音もしないし。いつの間にか電気自動車は高性能スポーツサルーンになっていました。

1回の充電で走れる距離は500km、充電時間は急速充電だと1.5時間、家庭用コンセント40Aからだと一時間あたり40km走れる量を充電できるそうです。しかも電気代は500km分で1500円だとか。
こりゃー良いこと尽くめの実用車じゃありませんか。
後は充電ステーションの問題だけですね。

日本の自動車メーカー各社がハイブリッド化を目指している中、日産自動車は頑に電気自動車路線を突っ走っているのは戦略の誤りと思っていましたが、日産の方が正しかったようです。5年、10年後は電気自動車だらけになるのではないでしょうか?15年も経つと車=電気自動車となるような気さえしてきます。
とにかく驚きの一日でした。

teslafront.jpg
ボンネットの中は空っぽ。フロントグリルのようなデザインですが実は穴の空いていないパネルというのは、ご愛嬌!

teslaback.jpg
当たり前ですが、マフラーが無い!


未来的なインパネ。ボタンは無く大きなipadのようなタッチ画面からすべてを操作。
スポンサーサイト

最近の小型車乗り比べ

「まめ知識」の合間に、ちょっと車ネタで。

国産のヴィッツ(TOYOTA、約110万円〜)、ノート(日産、約125万円〜)、フィット(HONDA、約125万円〜)、デミオ(マツダ、約150万円〜)と外車のコンパクトカー、ゴルフTSI(約250万円〜)、ミニクロスオーバーONE(約270万円)という同じような大きさの車を乗り比べることができたので一言書きます。
同じクラスと言っても国産と外車では価格も倍以上違うので比較にならないかもしれませんが、国産車の中ではデミオが桁違いとまでは言いませんが一番しっかりとしていました。走りもしっかりしています。
ヴィッツとフィットはなんとか我慢して乗れる程度。営業車なら我慢もできるかな。
ノートには「乗りたくないな、たとえ営業車でも」といったところが私の感想です。

では外車の二台はと言うと、
MINIは最低クラスのONEでも結構楽しく乗れます。しばらく乗っても良いかなっと思うくらいでした。クーパーやクーパーSだとかなり楽しめそうですが、値段もそこそこになりますね。ただスイッチ類の配置と操作が独特で、慣れるのに時間がかかります。

そしてGOLF TSI 1200cc。
正直、ぶったまげました。これで1200cc?
2000cc並みの走りで、燃費もリッター20km。DSGトランスミッションを経験するとマニュアルでコキコキやっているのがアホらしくなってきます。
小さなエンジンにターボを付けるってこんなことなんですね。省エネ対策での日欧の方針の違いがはっきりと分かります。

ということで、GOLFより高いMINIは一気に評価を落としました。というか、GOLFが凄すぎます。ただ、やはり独車の優等生ぶりは相変わらずで、音に関してはなんにも楽しくない。マフラー代えると楽しくなるんでしょうか?エンジンの本質的な問題のような気もしますが・・・分かりません。

少し前の話になりますがイギリスBBCの車番組、Top Gear という番組を日本でも深夜に放送していました。番組でコメンテーターがゴルフGTIとアルファ147GTAを乗り比べた特集がありましたが、二人ともゴフルを絶賛!アルファは面白いけども・・・・と文句も出て、煮え切りません。それでは自分の車として乗るのならどちらを買いますか?と質問されると二人ともそろって「絶対に147GTA!」ですって。
今回乗ってみて分かったのですが、ゴルフってとてつもない優等生なんですけれどそんな車だと思います。

ちなみに TopGear の番組紹介をWikipediaより抜粋で
日本ではあり得ないとんでもない番組です。日産を始め各自動車メーカーから訴訟もされているとか。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
あまりに低品質な車(当時のヒュンダイ・アクセント)に対して「なんだっけこのクルマの名前?えーっと、アクシデント(=「事故」)だっけ?」などの発言が放送された上、「奴らは家電製品のつもりで車を作ってやがる」、「韓国車なら僕らにだって作れる」と言って洗濯機、乾燥機、電子レンジなどの廃家電を組み合わせて作った自作の“車”(一応、前進・後退が可能)を紹介するなどした。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

一級建築士事務所 studio A / Kei Morozumi  studioAホームページへ

昔のミニチュアカー

ford consul

今日は建築ネタでは有りません。
上の写真,Ford Consul Classic 1961年型だそうです。
だそうです、なんていい加減な書き方ですが、今日まで知りませんでした。
でもこのミニチュアカー、わたしが小学校2年生の頃に羽田空港で買ってもらった一番の宝物のおもちゃだったんです。色も同じです。ネットを見ていて偶然見つけました。
(ミニチュアカーミュージアムと言うサイトで、私と同じ歳のミニチュアカー収集家の人が運営しています。ミニチュアカーミュージアム→Ford Consul Classic )
毎晩枕元に置いてドライブしている夢を見ていました。
プロフィール

Kei Morozumi / studioA

Author:Kei Morozumi / studioA

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。