FC2ブログ
f

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ASJ相模原

ASJ相模原
土、日、月曜日の3日間、ASJ (http://www.asj-net.com/)のイベントで相模原に行って住宅の無料相談会に参加してきました。連日の猛暑にもかかわらず、熱心な多くの人に来場いただきありがとうございました。
スポンサーサイト

Atelier Riga Tにて

田村邸
工学院大学の前期授業も終わり、反省会をかねて打ち上げを行いました。場所は大森にあるAtelier Riga T.
建築家、田村芳夫さんのご自宅兼事務所です。
建築家の自宅というとモダンな感じを創造しがちですが、田村さんのお宅は古い民家を改装したものです。もちろん耐震改修もしていますので、安上がりにすませるため古民家を改修、でないのは当然。
写真は宴が始まる前のものです。どうです、いい感じでしょう。
新しいものと古いものが巧くミックスしており、良い時間を過ごせました。

家づくり学校、諸角studio

家づくりstudio

↑写真はstudioAで学生の模型を切り刻み楽しんでいるわたし!

家づくりの会が行っている「家づくり学校」も4年目になり、今年私は4年生を受け持つ事になりました。具体的な敷地(勝手に選んだ敷地ですが)に計画を行い、一年かけて実施設計まで行おうという試みです。
担当は私のほかに半田雅俊、川口通正、本間至の4人でそれぞれ数人の学生を受け持ち、基本から実施まで行おうというものです。学生といっても皆さん自分の事務所を持っていたり働いている人たちで、彼らの向上心、向学心には全く頭が下がります。
下がりっぱなしです。
でも、授業ではビシビシと指導していきますよ。

My Birthday!


昨日、7月22日は私の58回目の誕生日。毎年ですが”大暑”の頃なので、梅雨も開けじめじめとした夏の初まり、という感じを持っているのですが、今年は少々勝手が違うようです。春もそうでしたがなかなか季節らしい感じになりませんね、今年は!
Facebookを本格的に活用し始めて初めての誕生日だったのですが、あれはなかなか良いものです。
老若男女、遠くも近くも関係なく、たくさんの方から声をかけていただきました。この場を借りてお礼申し上げます。
58歳も頑張るぞー!

新幹線の連結

IMG_0121_convert_20120721104541.jpg
新幹線の先の尖ったところ同士の連結です。軽井沢へ行く途中東京駅でとりました。
東北新幹線や長野新幹線をよく使う人たちにはおなじみの光景と思いますが、あの先の丸い新幹線の先はこのようになっています。初代新幹線、0系も先端に丸いドーム状の蓋がついていましたが、これはあくまでも緊急事用でしたから人の手で取り外してから連結できるようにしなくてはなりませんでしたが、途中で分岐する東北新幹線などではもっと便利に、自動的に連結器が現れるようになっています。今度じっくりと観察すると分かりますが先端の丸いところの真ん中に縦のラインが入っていて、そこでパカッと二つに分かれるようになっています。

7年前設計の別荘を訪ねて


7年程前に軽井沢で設計した別荘を訪れました。ご夫婦ともお元気で、2週間に一回は訪れているとか。最初のうちはよく使っていてもそのうちに使わなくなってしまう別荘が多い中、うれしいことです。
メンテナンスも良好で、外壁も2回程塗り直したとか。建物を綺麗に、長く使うにはメンテナンスが重要ですね。当初シナベニア張りであった内装もイエローパインに張り替えられていました。
ご主人曰く、建設当時にもう少しお金を賭けておけば良かった、とか。確かにこの別荘、工事費は1400ま万円を切っていましたからこちらとしても、あと300-400百万円あったら・・・と設計当時から考えていました。経験のある設計者として、やはり適正な工事金額をしっかりと伝えることも大切だと痛感しています。とりあえず安く立ててしまうことはさほど難しいことではないのですが、後々のメンテナンスなど総合的に判断することが重要ですね。

除湿効果は除湿運転よりも冷房運転が大!

この季節、じめじめとして除湿器やエアコンの除湿運転に頼っている方も多いと思います。また夏、蒸し暑い時は湿気を多くとりたいので「冷房ではなく除湿運転をする」という方も多いのではないでしょうか?
結論から言うと、除湿運転するよりも冷房運転をした方が除湿効果は大です。
メーカーによって様々な名称がある除湿運転ですが、現在のエアコンで除湿できる運転は次の三種類だけです。
・冷房運転で除湿する(いわゆる、冷房運転)
・弱冷房運転で除湿する(除湿モード)
・再熱方式で除湿する(最近高級機種に搭載されている)
二番目の弱冷房運転で除湿する、というのが一般的に「除湿モード」といわれるものになります。

エアコンでの除湿は基本は皆同じで、室内機の中で空気を冷やして結露させ水分をとる、という事です。冷えたコップの外側がびっしょりと濡れるのと同じ原理です。

では何が違うのでしょうか?下記の一覧表で違いを見てみましょう。

        除湿方法         欠点     除湿効果 電気消費量  
冷房運転   いわゆる普通の冷房   室温の低下     最大    中

弱冷房運転  弱冷房にする事で    除湿効果が     最小   最小
       室温の低下を防ぐ    低い

再熱除湿運転 冷房運転で冷えた空気を ヒーターを使うため  中    最大
       ヒーターで暖め直す   電気を食う

という事で最近の高級機種に搭載されている再熱方式の除湿は室温が下がらない代わりに、エネルギーは一番食うという結果になりました。弱冷房運転(除湿モード)は室温が下がらないように冷房を弱くしていますので、除湿効果もそれなりという事です。
東電のホームページに詳細のグラフ(東電PDFデータへ)なども出ていますが、それによると

         コスト比較   除湿量比較 吹出温度(室温設定24度)
冷房運転      11.0円/h    2.3kg/h    16.6度  

弱冷房運転     4.1円/h    1.1kg/h    18.3度

再熱除湿運転    14.9円/h    1.5kg/h    23.1度

という事です。

長時間運転するときには弱冷房除湿運転、短期間冷房運転をして一気に湿気をとるなど使い方を工夫して省エネ、節電に役立てましょう。


ルンバ その2


写真は、ねじ回しなど使用しない範囲で分解した状態です。
一番下の青いのが大型フィルター
2番目は大型ダストボックス、中央に小さなファンが付いていますね。
本体のすぐ下に置いてある細長い二本の黒っぽい棒がブラシです。
本体左上の3本腕のブラシは優れもので、ダストを本体の方に掻き寄せます。入隅のゴミも殆どとってくれますが、あくまで "ホトンド" です。

正規輸入品は高いのでルンバ=高価、という印象が強かったのですが、並行輸入品は半額程度で、専門に取扱っているお店もインターネットに数多く出ているので、私は並行輸入品です。
心配なのは故障した時の修理ですが、調べてみると本体以外、殆どの部品はユニット化されていて個別に購入できるようです。左右の車輪などもモーター付きのアッセンブリーで売っています。驚いたのは内部に入っている心臓部のマザーボードまで売っていたこと!
ねじ回しさえ使えれば故障は何とかなりそうです。

さて使ってみての報告ですが、意外と良かったのがブラシの効用で、フローリングがブラッシングされて艶が出てきた事!これは驚きました。我が家は絨毯があまりないのですが、ブラシを使っているのでこちらは掃除機よりもルンバの方が良いみたいです。

ルンバ500シリーズ


皆さんご存知のルンバです。
しばらく使って見て、初めの興奮も収まりましたので、冷静にみたレポートと言うことで!
我が家で購入したものは550ペットシリーズというものです。通常のものよりもダストボックスが大型で、弱点が補強されているタイプです。

で、使って見た感想ですが
イイです!
黙々と(正確には少々うるさいですが)文句も言わず働いてくれます。

掃除機と言っていますが、正確には電動ブラシ、吸い取り装置付きでしょうかね。
ダストボックスの後ろに直径5cm程のファンが付いていて、ブラシでかき集めて取り込んだゴミと埃を吸いとっています。ではその効果はというと.....
普通の掃除機と遜色ありません。むしろ馬鹿丁寧に何度も同じところを繰り返し行き来するルンバの方が綺麗になる位です。我が家は猫が2匹いるので、二日も掃除しないと抜毛がそこら中に飛び散ってしまうのですが、おかげさまで楽できるようになりました。

ブラシやフィルターなどの消耗品が高いのでランニングコストを心配していましたが、3ヶ月ほど使ってみたところブラシ、フィルターともまだまだ大丈夫そうです。一安心!

掃除にかかる時間ですが、部屋の大小よりも床に置いてある物が多いか少ないかの方が関係するようです。4畳程の台所も15畳程のリビングも30-40分ほどかかりますが、留守の時や寝ている時働いてもらっているので時間はあまり気になリませんし、そのような使い方をするのが正解だと思います。

年末に掃除用具特集をしましたが、それらの中でも一押しです。
プロフィール

Kei Morozumi / studioA

Author:Kei Morozumi / studioA

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。