FC2ブログ
f

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺んち(ジ?)

朝焼け

今朝6時20分の我が家。
秋のお彼岸お頃から春のお彼岸まで、我が家のリビングの壁は、朝オレンジ色に染まります。
東に開けた大きな開口から水平な光線が家に入り込み、オレンジ色にするのです。

だってここは「俺んち(ジ?)」だから!
スポンサーサイト

東京デザイナーズウィーク

TDW

11月1日から5日、神宮の絵画館替えの広場で東京デザイナーズウィークが開催されます。昨日はその中の企画の一つ「建築模型展」にstudioAが出展する事になり、模型を搬入してきました。
会場はさながら文化祭前日の様相。
多くの学生や若い所員たちが所狭しと飛び回っていました。
「えっ!今日は徹夜できないの?ウーン、予定していた時間が10時間減ってしまった!!」
なんて言う会話を聞きながら早めに納品を済ませ、会場をぶらぶらと楽しんできました。
銀杏並木では畳一畳もありそうな大きな模型を2人でせっせと運んでいたり、周辺もTDW一色です。

家つくり学校、本がでました!

家つくり学校

4年目になる「家づくり学校」の授業をもとにした本が彰国社からでました。
家づくりの会のメンバーが講師陣となって大学では教えない、実践的なことを柱に授業を進めるユニークな建築塾です。
私は第2講「構造・工法から考える」を担当しました。

出版までに時間がかかってしまいましたが彰国社の担当者、前田智成さんには色々とお世話になりました。
ありがとうございました。

またまたフローリングネタで!

まだまだ続く、フローリングネタですがとりあえず今回が最後です。



上の写真はサンダー掛けが終わったああとのオイル塗りの状況です。オスモを使っているのですが、どのようになるのか手順を追ってお話しします。使った塗料はオスモカラーのワンコートオンリーという種類のもの。色はホワイトスプルースです。オスモカラー以外の会社のものでも白色のオイル塗り+拭き取りを試してみましたが、殆どのメーカーのものは拭き取るとすべてとれてしまい、また拭き取らないで薄くのばしてみようとしてもムラになってしまいました。今のところ白色で木材にうまくのるのはオスモカラーしか確認していません。
上の写真で左端にちょんちょんと3カ所白く見えるところが最初に刷毛で塗料を落としたところです。
中央の部分がその塗料を刷毛で薄くのばした状態、上に見えるところが拭き取って仕上がった状態です。
拡大してみると下の写真のようになります。

IMG_0306_convert_20121009125316.jpg

かなり時間がかかりますが、刷毛で一生懸命延ばすと右側の状態までのばす事が出来ます。でも作業が大変なので中央程の状態までのばしています。のばした状態にもよるのでしょうが20-30分以上この状態にしておくと乾いてきて拭き取るのが大変なのでとりあえず20-30分は毛塗りの作業をしたところで拭き取りに入ります。拭き取りはウエスを使ったり写真のようにキッチンペーパーの様なものを使いました。

IMG_0307_convert_20121009125351.jpg

今まで拭き取り作業をして仕上がった部分に色の濃さや状態を近づけていくのですが、さほど難しい作業ではありません。拭き取りすぎたらまた塗料で塗り足してやればよろしいので。

メーカーは拭き取りは行わないと言っていますが、拭き取り無しでの綺麗な仕上は無理です。あまりたくさん拭き取ってしまうと肝心な性能が発揮できない状態になってしまいますから注意が必要ですが、我が家ではこの後フロアークリアを塗って仕上げています。メーカーもワンコートオンリーを床に縫ったときはフロアークリアで仕上げるように言っておりました。

拭き取った直後でもべとつきなどなく、乾いているように感じますが、歩くと跡がつくので4-5時間は触らない方が良いようです。
前回作業した2.5m2を仕上げるのに1時間弱かかりましたが、サンダー掛けに比べると楽で楽しい作業です。
プロフィール

Kei Morozumi / studioA

Author:Kei Morozumi / studioA

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。