FC2ブログ
f

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まめ知識09 防火戸サッシについて

皆さんはご存じないかもしれませんが2013年の年末、実は建築の住宅業界では大変なことが起こっていました。
住宅によく使うアルミサッシの防火戸認定が無効、販売停止になったのです。

防火地域、準防火地域に指定された地域では、防火戸を使わなくてはいけない箇所があります。敷地境界線からの距離が一階では3m、それ以外の階は5m以上離れていない箇所の開口部は防火戸にしなくてはならないとなっています。
ではそのような地域が防火指定されているかと言うと、東京23区内では公園や川の近くを除きほとんどの場所で準防火地域が指定されており、幹線道路沿い、駅周辺などがそれよりも厳しい防火地域に指定されます。地方都市ですと駅周辺の高いビルが建っている地域が防火地域、駅から2-3km圏内が準防火地域指定といった感じです。東京の建築家は大騒ぎしていたけど地方の建築家はあまり気にしていないと言った方が分かりやすいでしょうか?
東京23区内や横浜の住宅地だとそのほとんどが準防火地域に指定されているので、隣家が近くまでせまっているような敷地では防火戸が必要な開口部が玄関を含め何箇所もでてきます。そこで我々設計者は安くて防火性能があるアルミサッシに網入りのガラスをいれて防火戸として使ってきたのですが、その防火戸が昨年暮れで認定を取り消されてしまったのです。

原因はカーテンウォール防火開口部協会が国土交通省に出していた通則認定という制度にありました。通則認定とは膨大な数とバリエーションのあるアルミサッシを一定の設計条件を満たした製品であれば一体ずつ燃焼検査をしなくても防火戸として認めますという制度で、今までのアルミサッシはすべてこの通則認定をもとに新製品などの防火戸認定を取っていました。

一部防火認定品に偽装試験を受けるなどの問題が発覚したため、国土交通省は既に認定を受けている様々な防火認定品の抜き打ち検査を2010年ごろから行ってその性能を確かめていましたが、それに今回アルミサッシが引っかかってしまったのです。以下、2010年11月24日のケンプラッツの記事です。
「国土交通省は現在、三協立山アルミ製のアルミ樹脂複合サッシ「マディオJ」の防火戸仕様について、販売停止と性能評価試験受験を求めている。サンプル調査で遮炎性能が不足していることがわかったためだ。この防火戸は国土交通大臣認定に基づく製品だ。炎にさらされても20分間にわたって炎が燃え抜けない性能が求められるが、実験ではそのわずか半分の時間しかもたなかった。断熱サッシの防火戸仕様を巡っては、エクセルシャノンなど5社による樹脂サッシの認定違反事件が09年1月に発覚している。それから2年足らずで、問題が複合サッシへ“延焼”した格好だ。」
ちょうどその頃、木製防火戸の認定を受けるため試験場に頻繁に出入りしていたのですが、アルミサッシの相当数が抜き打ち試験で落ちているという噂でした。これは大変なことになるなと思っていたのですが、樹脂サッシの不合格品発覚から始まり複合サッシに飛び火、そして一部の通常型アルミサッシにも不合格品がでて、3年前の三協立山アルミだけではなく経過措置を経て昨年一杯ですべてのアルミサッシ通則認定品の防火戸販売が取り消されたのです。

そうなると各メーカーは膨大な種類と大きさのアルミサッシすべて個別の燃焼試験を受けなくてはならなくなります。ガラスの種類が変わるだけで燃焼試験が必要になりますから、膨大な費用と時間がかかってしまう訳です。例えば複層ガラスで一回、単板ガラスで一回、省エネLow-Eガラスで一回という試験を大きなテラス用引違いサッシ、小さな窓用引違いサッシ、当然すべり出し窓や片開き窓のように形式が変わればその各々で試験をしなくてはなりません。ちなみに我々が行った木製防火戸の試験の時、呼び検査も含め一つの認定を取るのに約半年の期間と300万円が掛かっています。

具体的に今でている問題点を述べると今まで20万円弱だった引違いのアルミサッシは50万円近くまで価格が跳ね上がりました。またガラスの種類も自由に選べなくなってしまい、試験を行った数種類から選ばなくてはならなくなりました。それよりも深刻なのが年末の時点では試験の時間に間に合わなくて、引違いのアルミサッシしか認定を取っていない会社がほとんどで、しかもサイズは巾が2m以下、高さも2.2mまでという普通のサイズしかバリエーションがないのです。玄関ドアも防火戸認定を受けているものは各メーカーとも数種類の品揃えに減り、値段も50万円程度になってしまいました。スチールサッシを製作で作った値段よりも高い状況です。設計の自由度ががくっと減ってしまった、またはお金がかかるようになってしまったという訳です。

以上は設計者として深刻な問題点でしたが、もうお気づきかと思いますが「では我が家のサッシは大丈夫なの?」ということでしょう。今回は既に竣工している物件のサッシについては既存不適格とはするものの、強制的に交換しなくてはならないなどの措置はとっていません。1981年に耐震基準が変わり建物の構造的な見直しがされた時、既存の建物は「既存不適格」となりましたが耐震補強を強制しなかったケースと似ています。

抜き打ち検査の結果からいえば、「樹脂サッシ」という結露を防ぐために建具のほとんどがプラスティック樹脂で製作されているものはほとんど防火性能が発揮できませんでした。通常のアルミサッシは試験に落ちるものがあったり無かったりだったようですが、今回通則認定度で認められていたすべてのサッシを不適合としたため、防火戸としては認められなくなったわけです。防火戸が要求されている場所かどうかはガラスに網が入っているかどうかで判断できますので(耐熱強化ガラスの場合はシールで確認できます)、気になる方は確認してみて下さい。

嫌なことばかりかいてきましたが、実際防火戸の性能はむしろ使い方で大きく変わります。ドアの場合きちんと締まっていなくては防火戸にならないのと同じように、アルミサッシが防火性能を発揮するためにはきちんとクレセントをかけておかなくてはならないからです。「火事だっ!」という時に、家中のサッシのクレセントやレバーをきちんとかけて逃げる人はなかなかいないと思います。しかし、クレセントをきちんとかけないとサッシの中央部が熱でたわんで隙間ができ、そこから火が入ってしまいます。

また、最近は網入りガラスの代わりに耐熱強化ガラスが使われることも多くなってきましたが、これも実際は問題があります。消火活動が始まり水がかかると急激な収縮が起きて割れてしまい、防火戸の性能を発揮できなくなるからです。
このように使用上の問題点も多々あるのであまり神経質になることは無く、近所が火事だという時にはクレセントをかけるというように、現状の性能を十分に発揮できるようにすることを心がけるようにするのが良いかと思います。我が家でも同じ問題がありますが、そのように考えるようにしています。
スポンサーサイト

最近の小型車乗り比べ

「まめ知識」の合間に、ちょっと車ネタで。

国産のヴィッツ(TOYOTA、約110万円〜)、ノート(日産、約125万円〜)、フィット(HONDA、約125万円〜)、デミオ(マツダ、約150万円〜)と外車のコンパクトカー、ゴルフTSI(約250万円〜)、ミニクロスオーバーONE(約270万円)という同じような大きさの車を乗り比べることができたので一言書きます。
同じクラスと言っても国産と外車では価格も倍以上違うので比較にならないかもしれませんが、国産車の中ではデミオが桁違いとまでは言いませんが一番しっかりとしていました。走りもしっかりしています。
ヴィッツとフィットはなんとか我慢して乗れる程度。営業車なら我慢もできるかな。
ノートには「乗りたくないな、たとえ営業車でも」といったところが私の感想です。

では外車の二台はと言うと、
MINIは最低クラスのONEでも結構楽しく乗れます。しばらく乗っても良いかなっと思うくらいでした。クーパーやクーパーSだとかなり楽しめそうですが、値段もそこそこになりますね。ただスイッチ類の配置と操作が独特で、慣れるのに時間がかかります。

そしてGOLF TSI 1200cc。
正直、ぶったまげました。これで1200cc?
2000cc並みの走りで、燃費もリッター20km。DSGトランスミッションを経験するとマニュアルでコキコキやっているのがアホらしくなってきます。
小さなエンジンにターボを付けるってこんなことなんですね。省エネ対策での日欧の方針の違いがはっきりと分かります。

ということで、GOLFより高いMINIは一気に評価を落としました。というか、GOLFが凄すぎます。ただ、やはり独車の優等生ぶりは相変わらずで、音に関してはなんにも楽しくない。マフラー代えると楽しくなるんでしょうか?エンジンの本質的な問題のような気もしますが・・・分かりません。

少し前の話になりますがイギリスBBCの車番組、Top Gear という番組を日本でも深夜に放送していました。番組でコメンテーターがゴルフGTIとアルファ147GTAを乗り比べた特集がありましたが、二人ともゴフルを絶賛!アルファは面白いけども・・・・と文句も出て、煮え切りません。それでは自分の車として乗るのならどちらを買いますか?と質問されると二人ともそろって「絶対に147GTA!」ですって。
今回乗ってみて分かったのですが、ゴルフってとてつもない優等生なんですけれどそんな車だと思います。

ちなみに TopGear の番組紹介をWikipediaより抜粋で
日本ではあり得ないとんでもない番組です。日産を始め各自動車メーカーから訴訟もされているとか。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
あまりに低品質な車(当時のヒュンダイ・アクセント)に対して「なんだっけこのクルマの名前?えーっと、アクシデント(=「事故」)だっけ?」などの発言が放送された上、「奴らは家電製品のつもりで車を作ってやがる」、「韓国車なら僕らにだって作れる」と言って洗濯機、乾燥機、電子レンジなどの廃家電を組み合わせて作った自作の“車”(一応、前進・後退が可能)を紹介するなどした。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

一級建築士事務所 studio A / Kei Morozumi  studioAホームページへ

まめ知識08 番外編 土地とお札の大きさ

土地の値段の格差が気になります。住宅の設計に携わっているからなのでしょう。地方の場合土地の値段と建物の値段を比べると1:3ぐらいの割合で建物の方にお金がかかるのですが、東京近郊になるとこれが逆転し2:1程度で土地にお金がかかってしまうことが多くあります。設計をしている側からするとちょっと腑に落ちないところがあるのですが・・・

というのはお金の話になって恐縮なのですが、たとえば東京で5000万円の土地と2500万円の建物となった場合、土地の取引は売るときの不動産手数料が3%、同じく買うときの不動産手数料が3%になりますから、同じ業者が取り扱うとその不動産屋さんには合計6%、300万円の手数料が入ります。この値段は2500万円の住宅の設計監理料とほぼ同じです。ちょっと空しくなります。

さて、愚痴はこのくらいにして土地と建物の比が1:3と2:1ですから同じ3000万円の家を建てる場合、地方だと土地の値段が1000万円、広さは70坪位となるのに対し、東京近郊ですと土地の値段が6000万円、広さは30坪程度になってしまいます。

地方都市で3000万円の家というイメージは車が2台停められて広くはないものの十分な庭が取れる、といった感じです。
一方東京ですと車が一台、庭というよりは箱庭に近いもので、玄関のすぐ先が道路で場合によっては木造3階建てというイメージに変わってきます。
同じ3000万円の家でもだいぶイメージが変わってきますね。

ここでちょっと変な計算をしてみました。お札を土地に敷き詰めるといったい幾らになるのか?
一万円を一坪3.3m2に敷き詰めると約270枚、270万円になります。1000円札ですと27万円ですね。

270万円というと目黒区の東横線沿線など、あこがれはするもののちょっと高くて・・・というあたりの値段です。
地方都市は何故かほぼ全国同じような値段で、県庁所在地やそれに準ずる都市、たとえば山形市、秋田市、富山市、甲府市、浜松市などで便利な高級住宅街が坪単価で20-30万円です。
偶然なのですが、この両者の値段は都心の住宅街の坪単価と地方都市の住宅街の坪単価とほぼ一致していることが分かります。
一万円札がびっしりと引き詰められているとなると土地の境界石が動いたとか、目くじらを立てたくなるのも分かる気がします。東京の土地って本当に高いですね。

では海外の土地の値段ってどうなのでしょうか?
何年も前ですがイタリアにいる知人から聞いた話しでは、2億円で土地と建物が売りに出されているとのこと。その内容を聞いてびっくりしました。フィレンツェの郊外になる田舎の話しですが、広さが2ヘクタールで建物は20ベットルーム、
というところまではスケールは違うものの日本の不動産広告と変わりません。が、そのあと
敷地の中には小川も流れていて猟もできます。
牛が5頭と馬が2頭、もちろん牛小屋、馬小屋付き。
お世話をするメイド夫婦の家が、住む人間ごとついています。・・・エエッ!
もちろん人身売買ではなく、一緒に面倒を見て下さいということなのですが。
土地や建物に対する文化の違いだなと考えざるをえません。

また、数年前にTV番組で話していたのですが、アフリカ(確かケニア?)で土地を好きなだけ差し上げます。というびっくり放送がありました。100年近くの借地で代金をきちんと払うこと、その土地を活用すること等だったと記憶しています。*1)
これまた政府の土地に対する考え方の違いなのですが、色々な考え方があるものだなと感心させられました。

さて土地探しで苦労されている方も多いと思いますが、土地探しって本当に大変ですよね。もっと良いのがでてくるのではないかとか、値段がちょっと・・・などなど。

studioAでは土地探しからおつき合いした建て主の方も多くいますが、土地を決めるときと中古車を選ぶときの感じが結構似ているように感じます。車で例えるのもどうかと思いますが今まで十数台中古車ばかり車を乗り継いできた経験から、細かなところを緻密に調べてどの車が良いかを決めるよりも、結構第一印象が大事だということです。

中沢新一(思想家)の著書、アースダイバーでは昔の人が神聖な場所として扱っていた土地、場所は現在感じ取ることができ、町歩きをしていてこの界隈はちょっと雰囲気が違うなと思ったところは十中八九、洪積層と沖積層の境目であり、かつては岬状に海に突き出ていた海と陸地のはざまになっていた場所で、多くの神社がその縁に沿って建てられているといいます。

土地のロケーション、値段、便利さなどどれをとっても満足な水準なのに、何故かぴたっとこない。などという時、直感をもっと信じても良いのではないでしょうか。例えば住んでいる住民の生活と自分の生活が合わないとか、ピリピリした神経質な人が多いとか・・・そのような雰囲気を人間は結構敏感に感じ取っているので、不思議です。

ある工務店の社長が話していたことですが、工事を始める時その敷地の周りに野良猫の多い場所は工事がやりやすいと。野良猫の悪さなど些細なことは大目に見る人が多く、和やかな雰囲気で工事が進められることが多いのだそうです。
今年からは”経験”と”感”をもっと信じましょうか?

*1)アフリカの土地に関する法律、条例はまだはっきりと整備されいない場合が多く、頻繁に変わっている。近年では外国資本による広大な土地の購入を防ぐ動きもあり、急速に法などの整備が進んでいる。大都市近郊での土地の値上がり、農地への規制など不安定な要素が強いと聞く。

一級建築士事務所 studio A / Kei Morozumi  studioAホームページへ
プロフィール

Kei Morozumi / studioA

Author:Kei Morozumi / studioA

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。