FC2ブログ
f

除湿効果は除湿運転よりも冷房運転が大!

この季節、じめじめとして除湿器やエアコンの除湿運転に頼っている方も多いと思います。また夏、蒸し暑い時は湿気を多くとりたいので「冷房ではなく除湿運転をする」という方も多いのではないでしょうか?
結論から言うと、除湿運転するよりも冷房運転をした方が除湿効果は大です。
メーカーによって様々な名称がある除湿運転ですが、現在のエアコンで除湿できる運転は次の三種類だけです。
・冷房運転で除湿する(いわゆる、冷房運転)
・弱冷房運転で除湿する(除湿モード)
・再熱方式で除湿する(最近高級機種に搭載されている)
二番目の弱冷房運転で除湿する、というのが一般的に「除湿モード」といわれるものになります。

エアコンでの除湿は基本は皆同じで、室内機の中で空気を冷やして結露させ水分をとる、という事です。冷えたコップの外側がびっしょりと濡れるのと同じ原理です。

では何が違うのでしょうか?下記の一覧表で違いを見てみましょう。

        除湿方法         欠点     除湿効果 電気消費量  
冷房運転   いわゆる普通の冷房   室温の低下     最大    中

弱冷房運転  弱冷房にする事で    除湿効果が     最小   最小
       室温の低下を防ぐ    低い

再熱除湿運転 冷房運転で冷えた空気を ヒーターを使うため  中    最大
       ヒーターで暖め直す   電気を食う

という事で最近の高級機種に搭載されている再熱方式の除湿は室温が下がらない代わりに、エネルギーは一番食うという結果になりました。弱冷房運転(除湿モード)は室温が下がらないように冷房を弱くしていますので、除湿効果もそれなりという事です。
東電のホームページに詳細のグラフ(東電PDFデータへ)なども出ていますが、それによると

         コスト比較   除湿量比較 吹出温度(室温設定24度)
冷房運転      11.0円/h    2.3kg/h    16.6度  

弱冷房運転     4.1円/h    1.1kg/h    18.3度

再熱除湿運転    14.9円/h    1.5kg/h    23.1度

という事です。

長時間運転するときには弱冷房除湿運転、短期間冷房運転をして一気に湿気をとるなど使い方を工夫して省エネ、節電に役立てましょう。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kei Morozumi / studioA

Author:Kei Morozumi / studioA

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR