f

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まめ知識17 買い替えたいけど入らない!?

人は時間とともに贅沢になっているようで、30年程前と色々なものを比べてみるとかなり大きく、豪華に変化しているのが分かります。
例えば車。1970年頃、大衆車はカローラとサニーでした。ちなみに初代のカローラは長さ約3.8m、巾1.5m弱、重さ710kgで、今の代表的な小型車ヴィッツと比べると長さ約3.9mとほぼ同じですが、巾は約1.7mへ、重さに至っては1000kgと大きく変貌しました。昔の車がいかに小さかったか分かります。

でも一番大きさが変わったのは人間かもしれません。戦後すぐの頃、日本人17歳男子の平均身長は165cm程でしたが、1985年頃には170cmを超えました。しかし1990年以降は171cmから伸びておらず、現在に至っています。江戸時代の男子平均は155cm程度と言いますから現在は伸びがなくなっているとはいえ、15cm以上高くなった計算です。戦後から現在に至る大きな伸びは生活習慣の変化と食習慣の変化と言うことだそうです。色々なものが大きく変化しているのは単に贅沢になっただけではなく、使う人も大きくなっていた訳です。

車と同様に建築の世界でも色々な寸法が年々大きくなってきました。30年前に設計を始めましたが、当時長さ1200mmのバスタブは贅沢な余裕ある寸法でした。それがいまや1400mmは当たり前、1700mmも増えてきました。
キッチンの大きさもだいぶ変わりました。1970年代のキッチンは高さが80cm、奥行き55cm、巾は様々有りましたが平均すると1.8m程度が標準でした。それが現在は高さが5cm増えて85cmに、奥行きは10cm増え65cmと一回り大きくなり、巾にいたっては2.4mが最低基準、2.7mは欲しいと思っている主婦が増えて来ています。これらの寸法の変化は日本人が大きくなったことに関係していると考えられます。

家電製品も同様に大きくなりました。冷蔵庫や洗濯機、テレビも30年前と比べると大きくなっており、皆さんも買い替えのとき、置き場所の寸法と製品の寸法を見比べながら、入る?入らない?と頭を悩ませた経験のある人も多いはずです。しかし設計に携わっている私の感覚で言うと、ここ10-15年はTVと洗濯機を除いてあまりサイズアップにはなっていません。TVは液晶が主流になって一気に大型化しました。洗濯機はドラム式が出て来て一回り大きくなりましたが、従来の全自動洗濯機の大きさは変わっていません。
これらの寸法の変化は高度成長期を過ごし、日本人の生活が次第に贅沢になって来たことが大きな原因と言えるでしょう。

では、他の国ではどうなのでしょうか?
例えばアメリカ。車、冷蔵庫、ガスレンジ、洗濯機や乾燥機、そして人も最初から大型です。1970年代でも冷蔵庫の500L、600Lは当たり前で、GEの冷蔵庫が大型家電の代表でした。最初からすべてが大きかったものですからその当時から大きくなったものはテレビくらいで、車などは逆に小さくなっています。
ヨーロッパ、例えばドイツはどうでしょうか?
キッチンで比べてみると面白いことが分かってきます。ドイツではキッチンは家具というよりも工業製品ととらえられています。ですのでポーゲンポール、ジーマチック、アルノなどのシステムキッチンメーカーが数多く有る訳ですが、寸法は規格化されていてカウンターの下に設置する食器洗い器、オーブン、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、乾燥機の巾と奥行きは60cmで統一されています。30年前も現在も同じ寸法です。ですから買い替えはもちろん、冷蔵庫を置いていたところに洗濯機をはめ込むこともできますし、自由に組み合わせることができます。他のヨーロッパ諸国も色々なものが多少は大きくなって来ていますが、日本ほど大きさの変化があった国は有りません。アメリカ、ヨーロッパ諸国は最初から生活レベルが高かった訳で、その間日本は高度成長期、所得倍増などという言葉からも分かるように急速に先進国への仲間入りを果たした訳です。
では今後はどうなるのでしょうか?
10年後に冷蔵庫の容量が倍になっているとは考えられませんし、今のまま横ばいで進むのではないでしょうか?むしろ技術革新で同じ容量の冷蔵庫の外形は小さく変化して来ています。TVも大きくなりましたが、薄型になったためむしろ置き場所は昔の方が工夫が必要でした。後はドイツの工業規格では有りませんが、それに準じた規格、またはDIN(ドイツ工業規格)にあわせたサイズの家電製品が出回るようになれば買い替えの時に変な心配をしなくて済むようになりますが、現在その需要は少ないようです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kei Morozumi / studioA

Author:Kei Morozumi / studioA

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。