FC2ブログ
f

すごいぞ!珪藻土:室内環境

101mini.jpg

写真のG邸ですが定期的に室内環境を報告できるので続けていきたいと思います.
内装は
壁  :珪藻土クロス
床  :無垢フローリング、オイルフィニッシュ
天井:珪藻土クロス
です.
といわれてもなんだかよく分からない人のために簡単に説明すると
珪藻土クロスは通常の壁紙の表面に珪藻土の粒を付着させたものです.珪藻土の左官仕上げはご存じの方も多いと思いますが、同様に室内の湿気を吸ったりはいたりして最適な湿度を保つ効用があります.

無垢フローリングは文字通り無垢の床板です.合成フローリングと呼ばれる合板の表面に厚さ4mm~0.5mm張った製品とは違い、金太郎飴のようにどこを切っても表面と同じ木材でできています.合成フローリングも木材でできていますから湿度の調整にある程度貢献していると思いますが、無垢との性能の違いははっきり言って分かりません.
むしろ大きな違いが出るのは表面処理の仕方でしょう.要するに塗装なのですが、G邸ではオイルを染みこませて汚れ防止と撥水の機能を持たせました.
多くの既製品はウレタン塗装などで仕上げていますが、汚れにくくきれいに(ぴかぴかに)仕上がる代わり、表面に塗膜を作ってしまうため調湿機能は無くなります.

さて、前置きが長くなりましたが要するにG邸ではできる限り室内の環境を良く保とうと素材を選んだと言うことです.

その効果は?

今朝の様子は以下の通りでした.
    室内      室外
天気      雨
温度 20.5℃    16.8℃ 
湿度 47%      81%

初夏から観察をしていて、大体室内と外の湿度差は15-20%程度でしたが、
今日は34%もありました.

随時報告をしていくつもりですので、ご覧ください.
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kei Morozumi / studioA

Author:Kei Morozumi / studioA

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR