FC2ブログ
f

木製建具の防火戸・本試験

昨年来実験を続けてきた木製建具の防火戸ですが、11月17日に住木センターにて認定を取るための本試験を行いました.試験は室内側、及び室外側から20分間バーナーで加熱して火が貫通しなければOKです.
この日のために今まで実験を繰り返してきたわけですが、さて結果は?
午前中の室外側からの燃焼実験は無事合格.午後の室内側からの試験中に・・・
ペアガラスの室内側が11分経ったところでなぜか割れてしまい、(まだもう一枚ある!)それが原因でガラスを通しての放射熱量が増えたため19分経ったところで室外側の木枠が自然発火してしまいました.と言うわけで不合格.で立ち会った全員が’ガクッ’.
実験後も残ったガラスと枠はきちんとはまった状態で、直接火は貫通していなかったのですけれど、外側の枠が燃えてしまってはダメなのです.
うーん、なんで耐熱強化ガラスが割れるの?センターの人に聞いたところ耐熱強化ガラス、実験で良く割れるそうです.
原因はガラスを納めていた枠の一部が欠損するなどして空気が通るようになると、その部分だけ熱が下がってしまい、温度差で割れてしまうなど、色々な理由があるそうです.
が、試験後我々の試験対を調べてもそのような空気の通った形跡無し!何が原因なの?
と言うわけで次回の実験は耐熱強化ガラスではなく網入りガラスを使って行うことにしました.

photo-1.jpg

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kei Morozumi / studioA

Author:Kei Morozumi / studioA

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR