FC2ブログ
f

暖かい家について考える・Ⅰ

007mini-1.jpg

.寒い日が続きますが、暖かい家について考えてみたいと思います.上の写真G邸の南側インテリアです.寒そうに見えますね.

ではまずは基本から.
家の中の温度が20度の時、家の中にある壁や天井、家具、金属のドアハンドル、ガラスのコップなど皆20度になっているって知ってましたか?同じ20度にもかかわらず金属のパイプが冷たく感じ、ソファーのクッションが暖かく感じるのは体から奪われる熱の早さの違いです.金属などは伝導率が高いため手のひら(36度とすると)から早く熱を奪って同じ温度にしようとするため冷たく感じるのです.
長く留守にしていて帰ってきても家の中がすぐに暖まらないのはエアコンから暖かい空気が出ていても、周りのものが冷え切っているため床暖房ではなく、壁・天井・床冷房状態になっているのです.

昨日夜9時頃、部屋の色々な部分の温度を測ってみました.
 外気温   6℃
 室内温  19℃
 壁各所  19℃
 床     18℃
 2階天井 19℃
大窓2.6m×2.6m ガラス厚さ10mm、単板ガラス、東向き、カーテンなど無し
 中央部  11℃
 下中央   9℃
 下隅部   7℃ この部分はうっすらと結露していました

断熱材はロックウール系断熱材を壁、天井面に55mm入れています.
天井というか屋根の裏面は更に発泡ウレタンフォームを30mm吹き付けているのでこの地域の標準の3倍程度の断熱性があります.
夜暖房を切って今朝5時半になっても室内は13℃を確保していました.
G邸の場合大きな開口部や吹抜の空間があるので暖房はかなり不利で冬は寒いかと思っていましたが意外と快適で驚いています.
昼間は誰も使用していないのですが、天気の良い日は大きな開口部から入った太陽が床を暖め蓄熱してくれるため夜帰ったときも室内は14-15℃を保っています.

*一部内容が重なりますが2014年4月の「まめ知識15」に続きます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kei Morozumi / studioA

Author:Kei Morozumi / studioA

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR