FC2ブログ
f

照明計画について

明るいナショナール~ってちょっと古すぎるCMソングでしたか?50代以上の人なら一度は耳にしたことがあるはずです.
004mini.jpg

でもこれって戦後の日本の象徴的なキャッチコピーだったのです.蛍光灯が明々と灯る幸せな一家団欒ですね.しかし照明計画は明るいだけではダメなのです.いや、極端に言うと明るいのはダメなんです.夜は闇を楽しみ昼間とは違った空間を楽しみたいものです.
さて、照明について考えると色々な電球があって迷ってしまいます.住宅では何を選ぶのがよいのでしょうか?
省エネなら蛍光灯やLEDランプ?そうとは限りません.各々の光源の短所、長所を述べながら考えてみましょう.
住宅に使う主な光源には白熱電球、蛍光灯、ハロゲンランプ、クリプトンランプ、メタルハライドハロゲンランプ、水銀灯、LEDランプなどでしょうか.同じ白熱電球でも電球の形状の違いによってビーム球、ホワイトボール、レフランプなどが有り、照明器具の種類で言うとダウンライト、スポットライト、アッパーライト、ブラケットなどありますがそれらの詳細は前のブログを参考にしてください.
今回はstudioAの照明計画を述べます.
トイレ、廊下灯など頻繁に付けたり消したりがあるところでは白熱電球.
蛍光灯は起動するときに多くの電力を使うので頻繁に付けたり消したりを行うところでは白熱電球でも省エネですし、蛍光灯は反応が遅いからです.
002_2.jpg

003.jpg

004.jpg


居間、食堂などの電球は電球色の蛍光灯または白熱電球.
また白熱電球?CO2問題でこんなに騒がれているときに?
とおっしゃる方.多いと思います.何故白熱電球なのかというと、色がよいからです.一般に言う電球色の蛍光灯は少々白っぽく、いやな色なのです.省エネでない、といわれる方.例えば60Wの電球を付けているとすると同じ明るさの蛍光灯は約1/3で済みますから40W分多く使っていることになります.夕方6時から11時まで付けっぱなしにしたとして5時間で200wh(=0.2kwh)多く使うことになります.電気料金で言うと約4-5円です.エアコンや電子レンジ(1200W)を付けている時間に換算すると10分になります.一般の家庭では居間の明るさが500ルックス以上ある「明るいナショナル~」になっている場合がありますが、studioAでは明るくても200ルックス.我が家の場合100-150ルックスに押さえていますから総合的には省エネ設計だと思っていますがいかがでしょうか.先ほど蛍光灯の電球色は色に問題があると書きましたが、シームレス蛍光灯というのがニッポ電気から出ており、これは非常に美しい色温度の蛍光灯です.専門的になりますが色温度というのがあり白熱電球が約2400-3000K、蛍光灯は5000-6000K、数字が大きくなると白っぽくなります.一般の電球色蛍光灯が3000Kに対しシームレス蛍光灯は2500K から数種類の電球色蛍光灯が揃っています.我が家では2800Kのアッパーライトと2500Kの間接照明を使い分けて夜のリビングを楽しんでいます.

写真は2500kの蛍光灯で上からの照明と2800kの蛍光灯のアッパーライト.写真では分かりづらいが色の違いがある.

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kei Morozumi / studioA

Author:Kei Morozumi / studioA

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR