FC2ブログ
f

疲れる!トホホの小タタキ

020.jpg
子叩きじゃありません!小タタキです.コンクリートの表面を肉タタキのようなハンマーでたたいて荒らし、表情を付ける仕上方法ですが...疲れる!
何でこんな事を始めたかというと、我が家に上がっていく一番目立つところのコンクリート打放しがちょいと汚かったからです.何故か一番大事なところのコンクリートはきれいに打てないことが多いのです.大体裏のトイレ周りとかが綺麗に打ててしまうんです.コンクリート打ちが終わってすぐはまだ柔らかいので比較的簡単に叩けるのですが、我が家のように二年近く経つと堅くて疲れます.機械もないのでせっせと手で叩いてます.右側の写真がほぼ完成した小叩き仕上げの壁、右は作業途中の写真です.
疲れますが良いこともある!右の写真、手摺の上など三箇所に5mmから1cmほどの穴がありますが叩く前にはなかった物で薄皮の下に潜んでいました.最近のコンクリート打ちは作業性をよくするために流動化剤などを添加しますが、その多くは小さな気泡を作って流れやすくするため、打ち上がったときコンクリートの表面に小さな気泡のつぶつぶがでることが多いのです.ちょっと大きめな物が写真の穴です.構造体としてみるとあまりいい物ではないので樹脂モルタルを入れて固まった後にもう一度たたくとほとんど見分けがつかなくなり、綺麗に仕上がるというわけです.
職人に頼んだときのお値段ですが機械でダダダーっとやって平米7000-8000円程度.手でやると一平米やるのに2-3時間ぐらいかかり、手に沢山(食べられない)マメができます.時給に直すといくらになるのか....4月以降の週末は、せっせと洞窟を掘り続ける修行僧のような気分です.
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kei Morozumi / studioA

Author:Kei Morozumi / studioA

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR